「うるま市物流倉庫新築工事」より11月近況報告

ブログをご覧の皆さん、お久しぶりです。建築部 上地 透です。

「うるま市物流倉庫新築工事」現場より近況報告します。
現在のところ基礎の埋戻しを行っている真っ最中で、11月3日にAブロックの土間コンクリート打設を皮切りにCブロックまでの土間コンクリート打設を11月20日までに完了予定です。11月12日からはAブロックの鉄骨建て方を開始しています。

話は変わりますが、ブログをご覧の方で「技能五輪・アビリンピック」というイベントをお聞きになった方もいるかと思いますが・・・今回の私のブログの内容はこの「技能五輪・アビリンピック」について紹介したいと思います。

先ずはじめに、「技能五輪・アビリンピック」はどういうものかといいますと・・・・・

技能五輪⇒全42職種(例えば、建築関係では左官、家具、建具、タイル張など)において各職種の日本一を争うもの。

アビリンピック⇒障害者による全24種目(例えば、建築関係では家具、木工、建築CADなど)において各種目の日本一を争うもの。

大会には、一般企業はもとより高校生、大学生などから今年は我が沖縄県に日本全国から約1800名の選手が集結し技量を争っていて、10月27日~11月3日の期間県内の全14会場で熱き戦いが繰り広げられます。(大会は毎年、日本各県を持ち回りで行い今年は沖縄県での開催です。)なお、皆様がブログを拝見する頃には各職種、種目とも王者が決まっていることだと思います。県内14会場の内、うるま市の会場が本作業所の近くにあり、めったに体験する事の少ないチャンスと思い見学をさせて頂いたしだいであります。

うるま市の会場では 構造物鉄鋼・電気溶接・抜き型・旋盤・フライス盤など建築にも若干関連した協議が開催れていました。その中で私が特に興味を持った一部を紹介します。

●構造物鉄鋼☞図面、仕様書に従い、鋼板などの鉄鋼材料を加工して競技時間内で、小型鋼構造物(競技課題)を完成させるという競技。

●今回の課題概略☞図面に従い、小型シーサー(鋼製)を製作し時間と出来栄えを争う競技(10時間内)

↑課題図面

↑提供鋼材及び完成試作品(映りが悪いですが一応シーサーイメージです)

●競技風景

●過去のチャンピオン作品(4作品の紹介)

↑機関車

↑バックホーのアーム部分

↑けん引車

↑キャリー(荷車)

以上、今回は読まれる方が、飽きないようにシンプルに写真を多く掲載する事で皆様の興味を引く作戦でまとめてみました。では、来月にまたお会いしましょう!

By建築部 上地 透がお届けしました。

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

大里よりお届け。No,4

皆さん、こんにちは

建築部の知名です。

暦の上では冬になっていますがまだまだ日中は暑いですね。

さて、前回・前々回と中城より沖縄ホーメル増築工事の現場からご紹介でしたが、今回は大里のI様住宅新築工事の状況報告とさせていただきます。

現在は内部大工の施工中でこれから壁紙(クロス)の施工に移っていくところです。

トイレのタイル施工中

外構の駐車場の土間コンクリートを打設しました

クロスを貼り終えたら照明器具や衛生器具を取り付けてクリーニングを行い工事完了となります。

今回はここまで、これから年末にむけて忙しくなる時期ですが体調管理しっかり行っていきましょう。以上、建築部の知名でした。

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

基礎・地中梁打設

皆さんこんにちは!建築部の大城です。

沖縄ホーメルの現場では、基礎・地中梁(372㎥)の打設を行いました。

早朝雨が心配されましたが無事に晴れてくれて打設も無事完了することができたのでよかったです。

本日は、コンクリート打設の流れを大まかに紹介していきたいと思います。

朝礼終了後打設に係わる職人全員で打設前の打ち合わせを行います。(※参加業者: 圧送6人 打設班16労務2 左官4人 鉄筋2人 設備2人)

内容は、ポンプ車の配置の確認ミキサーの出入り口の確認や旋回場所の確認、誘導員の設置

打設時の鉄筋の掃除等の指示、コンクリートの細かいレベル等の確認、打設位置や打設順序の確認を打設計画書にもとづいて説明をしました。

 

打設計画書・計画図

ポンプ車を所定の位置に配置させ次にコンクリートの試験を行います。

この試験では、スランプ試験、空気量測定、塩化物イオン濃度試験を行います。

スランプ試験が 設計15㎝ 実施17㎝ 公差±2.5㎝で合格です。

この試験は、スランプ値でコンクリートの流動性を調べる試験です。

コンクリートが軟らかいほど流動性がよくなり軟らかすぎるとひび割れが発生しやすくなります。

塩化物量が設計・公差0.3㎏/㎥以下 実施0.04kg で合格です。

この試験では、コンクリートン中に含まれる塩化物イオンの濃度を測定し錆びの発生しやすさを調べる検査です。

塩化物イオンの濃度が高いほど、中の鉄筋が錆びやすくなります。

空気量が 設計4.5% 実施3.9% 公差±1.5で合格です。

コンクリート中に空気量が多いと圧縮強度が下がります。

最後は圧縮強度試験で、テストピースに6個分にコンクリートを採取し28日間水中養生を行い圧縮試験機にかけて、機械的に圧縮した時の強度を平均値で割り出します。

試験が終了し設計値が確認できたら打設開始です。

無事事故もなく打設終えることができたのでよかったです。

これからも気を緩めずがんばっていきます!

以上入社2年目大城でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

町田機工那覇営業所関連工事

こんにちは! 建築部島袋です。

暦は上では11月ですが、日中気温は25度を超える日があったかと思えば、20度を下回る日があったり、気温の変化がだいぶあるので、体調を崩しやすくなってます。

風邪などひかないようにしっかりと体調管理をしていきましょう。

さて、町田機工那覇営業所関連工事(D棟) 平成30年10月29日にオープンしました。

正式名称は

町田機工株式会社 南風原営業所となっております。

【新住所】
〒901-1207 南城市大里古堅1091-3番地
TEL:098-889-3012
FAX:098-888-1470
営業開始日:平成30年10月29日(月)

無事営業が開始できたので、とても嬉しいです。

さて、今年も残すところあと一月半。体調管理をしっかり行って頑張りましょう!!

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

D’クラディア新都心ビューウェイブ

皆さんこんにちは。リタシン部 喜久里です。

11月に入り、朝夕冷え込むことが増えてきましたね。個人的には、通勤時のバイクが上着なしでは寒くてつらくなってきました。そろそろかりゆしウェアもタンスにしまう時期ですね。

さて今回は、11月のあたまにネット公開を開始したばかりのおもろまちにあるマンションをご紹介します。

~~物件概要~~

●価格:3,850万円 ●所在地:那覇市おもろまち2丁目1―18

●専有面積:62.48㎡(18.9坪)●間取り 2LDK

●構造・所在階:鉄筋コンクリート造12階建ての6階(606号室)

●築年月:平成15年11月(築15年)

外観写真↓

周辺にはNHK,おもろまちメディカルセンター、ヤマダ電機、天久りうぼう、那覇メインプレイス、博物館美術館などが徒歩圏内にあり、さまざまな生活スタイルの方に対応した好立地のマンションです。

~間取図~

間取りは2LDK。カウンターキッチン付きのLDKが約15.58帖、洋室は5帖と5.8帖の2つです。

         リビング↓             キッチン↓

        5帖洋室↓              5.8帖洋室↓

そしてこちらがこのお部屋のおススメポイントの一つ、広々としたウォークインクローゼットです!!

2つある洋室には収納がない分、このウォークインクローゼットが大活躍すること間違いなしです。洋服の多いオシャレなあなたも、もう収納場所に困ることはありませんよ♫

そして、おすすめポイントの2つ目はこの眺望!!


那覇市内や、泊方面の海まで見渡すことができ、お祭りシーズンには各地の花火がリビングから鑑賞できます♬

ぜひ一度ご内覧いただきたいこの物件ですが、さらに詳しくお知りになりたい方はLITACIN公式サイトの物件詳細ページ(https://www.litacin.com/article/detail.html?code=78)をご覧ください。室内写真なども多数公開しています。

現在空家となっておりますので内覧も順次対応させて頂いています。
内覧ご希望の方は、担当 喜久里(キクザト)までご連絡ください(携帯070-5272-4258)

東恩納組のLITACINは、売主様からの仲介手数料は完全無料で物件の仲介をさせて頂いています。お手持ちの物件の売却を検討しているお客様も、ぜひ一度ご相談ください。

東恩納組が、あなたの物件売買を「利他心」の志で全力サポートさせていただきます!!

ご相談は、お問い合わせフォームまたはお電話にて、お気軽にご連絡ください。

TEL 098-850-5734  お問合せフォーム→http://www.higashionna.co.jp/07contact

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

O氏住宅改修工事

こんにちは、カヨウです◎

本日は、改修工事を行う現場の改修前写真を撮ってきました

建物の老朽化により古くなった内装を改修します

床・壁・天井の仕上げ材は全体的にやり変え予定

作り付けの棚は解体撤去し、新しい棚を製作し設置します

キッチンも撤去し、新しいキッチンを設置します

台所裏の水回りスペースも内装仕上げをし、リビングダイニングと同じ仕様にします

 

これから竣工予定の12月中旬まで、どう変わっていくのか楽しみです

施主様が住み心地さらに良く、いい気分で新年を迎えられるようにしっかり完成させたいいと思います!

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

うるま市物流倉庫新築工事

こんにちは。建築部の東恩納です。

今回は、沖縄県うるま市で施工中の現場『うるま市物流倉庫新築工事』の進捗状況等をお届けしたいと思います。

現在は、基礎梁のコンクリート打設を完了し、土間コンクリート打設に向け基礎梁の埋め戻しを行っている状況です。

ここで、建築用語である土間コンクリートとは何かを説明したいと思います。

簡単に言えば、土間コンクリートは地面に支えられたRC(鉄筋コンクリート)床のことです。地面の上に置いてあるRC(鉄筋コンクリート)床と言い換えても良いでしょう。「なんだ普通に当たり前じゃないか」と思うかもしれませんが、見た目には違いの分かりにくいスラブと呼ばれるものもあり、「地面の支え」が無くても人の重さや家具を支える床もあり、土間コンクリートとは構造的に全く違うものです。

このように、土間コンクリートは地面に支えられた床のことです。『うるま市物流倉庫新築工事現場』では、地耐力を高めるために埋め戻しの際は@30cm間隔で埋め戻し転圧を行い、土間コンクリートの下50cmでは規定のセメント量を入れ、埋め戻し土と攪拌しセメント改良土として埋め戻しを行なっています。

下記写真 埋め戻し・転圧状況

下記写真 セメント攪拌改良土埋め戻し転圧完了

地盤が沈下すると、土間コンクリートも一緒に沈下してしまいますのでしっかりと管理し施工を行っています。

以上入社5年目の東恩納でした。

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

シーリングについて

こんにちは!建築部の安里です。

最近、朝は寒くなってきて布団から出るまでに時間がかかってきました。インフルエンザの時期になってきたので十分に対策をして過ごしましょう。

さて、今回はシーリングについて書きたいと思います。

シーリング(Sealing)とは、直訳すると詰めものをする となります。建物には、外壁材と外壁材の繋ぎ目、外壁とサッシのつなぎ目など、様々な隙間が存在します。そういった隙間をシーリングで埋めることで、雨漏りや漏水を防止し、建物全体の防水性能を高める役割があります。

 

シーリング材には、1成分系と2成分系というのがあります。

1成分系は空気中(湿気や酸素、乾燥)で自然と硬化していくタイプです。外壁の部分補修や外壁リフォームなどの施工面積が小さい箇所のシーリング工事で使用されます。

2成分系は硬化剤などを混ぜることで硬化するタイプです。そのままでは使用できず、専用の攪拌機で硬化剤をかき混ぜて使用します。こちらは施工面積の大きい箇所のシーリング工事で使用されます。

 

そして、材質は建築で使われる物は主に4種類あります。

1.シリコン

耐水性・耐熱性・耐候性に優れ、固まってからも弾力性があり収縮しないのが特徴で、ガラス類にもよく接着します。つるつるとした艶がありますが、水を弾く性質があり、塗料がつかないため、塗装の必要のない場所向きで内外部で使える汎用性があります。

2.変性シリコン

シリコンの塗装ができるバージョンで、製品自体のカラーも豊富です。周辺の汚染性が低いのも変性シリコンの特徴です。塗装をしなくても耐久性はありますが、対候性・耐久性はシリコンに比べると劣ります。そのため、お風呂などの水廻りではシリコン系を使用し、外壁では塗装ができる変性シリコンを使うといったように施工箇所に応じて使い分ける必要があります。

3.ウレタン

シーリング材の中でも1番の耐久性があり、資材との密着性が高いのが特徴です。また、硬化すると弾力性に富んだ使用になることから、コンクリートのひび割れ補修などにも使われます。しかし、そのままの状態だと紫外線に弱く、ほこりが吸着しやすいため、塗装が必要になります。

4.アクリル

塗装が可能で、湿った場所にも使用できるのが特徴です。ALC板の目地・モルタルの隙間充填・室内のクロスや内装の目地などに使用されます。ただ、耐久性が低く、日当たりのいい場所では10年ほどでひび割れてしまうため新築工事やリフォームの際にアクリルよりは変性シリコンがいいとされ、アクリル系はあまり使われなくなったようです。

 

ちなみに、シーリングとは別にコーキングとも呼ばれるのですが、どちらも基本同じですが、厳密には違うみたいです。日本工業規格JISによると、シーリング材と油性コーキング剤は定義付けられており、油性コーキング剤以外は全てシーリング材になります。油性コーキング剤を使用する工事を「コーキング工事」と呼ばれていました。以前は油性コーキング剤の需要が多くあったけど現在は激減しているようです。当時の名残がシーリングとコーキングの2種類の呼び方になったとされているようです。

今回はここまでにしたいと思います。

以上、入社2年目安里からでした!

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

防水について

こんにちは。建築部の又吉です。

インフルエンザの時期がやってきました。体調管理と早めに予防接種をしてインフルエンザにかからないようにしましょう。

今回はやえせAGで使った屋上防水について書いていきたいとおもいます。

今回使った防水はジェットスプレー工法といって他の防水の工程より短い工程で防水ができる工法となっています。

その工程をまず順番に書いていきます。

最初はプライマーを塗布していきます。

主に接着剤としての役割があり、躯体(建物)と防水剤の接着性を高めるものです。

 

次にプライマー乾燥後にジェットスプレー吹き付けを行なっていきます。

今回のメインになる機械で行なう作業です。機械による作業で、すばやく終えることができます。

その後にトップコートを塗布していく形になっています。

この工法は防水剤の硬化が早く材料の攪拌等を機械で行なうので、普段より少ない人数で防水の工程を進めることができます。

またこの機械で呼吸性ウレタンの高性能は脱気シートや脱気筒を必要としないので防水層が全面下地と密着している完全密着になり、防水性能及び躯体強化に対する効果も高くなります。

今回はこのジェットスプレー工法について書いていきました。

以上建築部4年目の又吉でした。

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

うるま市物流倉庫新築工事より

皆さんこんにちは。
建築部の宮城です。
11月に入り、今年も残すところ後2ケ月になりました。
月日が経つのは早いもので、一日一日を大事に過ごしていきたいですね。

さて、僕が配属されている丸山物流という現場では、 「システム建築」という工法の建築現場となっております。

このシステム建築とは、
コンピューターによりシステム化された設計・組立・施工を行なうため、短工期で建築物を建てられる建築方法です。

在来工法である鉄骨づくりと比べて半分ほどの工期で仕上げられます。

建材や屋根・外壁などのシステムが規格化されているため、耐熱や遮音などに優れた高品質な建物を作るのに向いた工法です。

参考例↓

システム建築のメリットとして、
大規模な倉庫のほかレジャー施設など、大型の低層施設の利用に適しています。

建物の間柱なしで空間を利用できる構造のため、活用幅が広いのが特徴。

大型スーパーなどの施設もあり、設計と建築の時間が短いため、事業のスケジュールが立てやすいと近年多くの商業施設に取り入れられています。

増築できるのもシステム建築の強みです。

工場を建てたあとしばらくして倉庫を増設したり、冷凍・冷蔵庫倉庫に事務所を併設したりと、あとから必要になった建物を増設しやすくなっています。

システム建築は建物の構成要素である鉄骨、屋根、外壁など部材の寸法、また配置がシステム化されているため、さまざまな設計に柔軟に対応できるためです。

丸山物流現場現況↑

建物の用途に応じて、建築工法が様々ありますので、また面白い工法がありましたら紹介したいと思います。

以上宮城でした。

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする