「同仁病院増築工事」より5月度近況報告。

ブログをご覧の皆さん、お久しぶりです。建築部 上地 透です。

 

「同仁病院増築工事」現場より5月近況報告です。

大型連休もアッと言う間に終え本現場では、本格的に工事のスタートとなりますが、先ずは既存建物の解体作業から手掛けておりまして、現在も継続中です。

今後は磁気探査→山留の親杭埋設→杭工事→地下部の掘削と言う流れで作業は進んで行く予定であります。

工事に当たっては、躯体工事の間は全面道路を封鎖しての作業(揚重作業・コン打設作業など)が頻繁に予想される為近隣との調和が工事の最大の課題ではないかと考えてます。

とにかく、早め早めの調整で乗り切りたいと考えてます。

関係者にはご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

本現場で現在作業中の解体工事には、アスベスト除去作業が含まれておりまして、今回ブログの趣旨として取り上げてみたいと思います。

 

【成形材撤去の場合】

●アスベスト含有材(成形板)

①天井材(フレキシブルボード)17.82㎡→レベル3

②天井材(岩綿吸音板)27.07㎡→レベル3

●処分方法

①②→現場~県内処分場

②→現場~港~海上運搬~港~九州陸送~九州処分場

●除去作業

※養生→撤去の際のアスベスト含有粉体が飛散しない様にビニールシートで養生。

※飛散抑制→撤去前に噴霧器等で散水して十分に湿潤させる。

※含有材除去作業→含有材が十分湿潤したことを確認してから作業を開始し、手ばらしで可能な限り原形を保ったまま撤去する。接着剤された含有材で原形のまま撤去できない場合は、含有材に散水しながら行う。

※清掃→含有材の除去作業が完了したら速やかに高性能真空掃除機を使用して清掃を行う。

●廃棄物の処理及び取り扱い

※保管→撤去材はその日の内に専用の袋に2重梱包または、0.15mmのビニールシートで2重梱包で袋詰めし、搬出までの間、一時保管する。

※搬出→廃棄物は「石綿含有産業廃棄物」として他の廃棄物と混合しないよう、かつ、袋が破損しないよう取り扱う。

※処分場→含有材は安定型最終処分場で処分する。

 

【撤去の際、粉体を伴う含有材の場合】

●アスベスト含有材(撤去時、粉体を伴う)

①壁材(巾木用接着材)25.51㎡→レベル3

(注意)レベル3であるが、撤去方法が飛散を伴うので、レベル1と同様な除去手順に準じて行う。

●処分方法

①→現場~港~海上運搬~港~九州陸送~九州処分場

●除去作業

※養生→下記図の容量で除去箇所と除去箇所以外を隔離する。

※負圧除塵装置の設置→負圧除塵装置を設置することにより、作業場内を負圧状態にし、外部への石綿粉塵の飛散を防止するとともに、作業場内に浮遊している石綿粉塵を集積させる。

※換気計画→換気回数は4回以上/1時間とし、石綿除去作業を行った日の作業終了後、1.5時間程度は換気を行う。

※セキュリティーゾーンの設置→作業場の出入口には下記図のような、洗身室及び更衣室を備えたセキュリティーゾーンを設置する。

※飛散抑制→散水をすることにより、作業場内の粉塵飛散抑制を行い、外部への飛散を防止する。

※含有材(巾木接着剤)撤去作業→散水後、十分に湿潤したことを確認してから機械研磨にて除去作業を行う。

※清掃→含有材の除去作業が完了したら速やかに高性能真空掃除機を使用して清掃を行い、その後、飛散抑制剤を散布する。

●廃棄物の処理及び取り扱い

※保管→撤去材はその日の内に黄色の専用の袋に1重目を密封し、前室で清掃・洗浄室で洗浄後、2重目の梱包を行い、搬出までの間、一時保管する。

※搬出→廃棄物は「石綿含有産業廃棄物」として他の廃棄物と混合しないよう、かつ、袋が破損しないよう取り扱う。

※処分場→含有材は現場~陸送~港~海上輸送~港~陸送~処分場の経路にて九州本土の管理型最終処分場で処分する。

 

【資機材・保護具】

●参考までに、本工事で使用する資機材及び保護具を下記に添付する。

以上をもちまして、本工事でのアスベスト撤去工事の概略の説明を終わります。

では来月にまた会いましょう。

By建築部 上地 透がお届けしました。

カテゴリー: 工事部STAFF | タグ: , , , , | コメントする

中城よりお届け。NO,7

皆様、こんにちは。

建築部の知名です。

沖縄の梅雨時期がきて雨の降る日が増えてきました。沖縄ホーメル工場増築工事の現場におきましてはなんとか雨じまいが間に合いましたので一安心です。

さて、前回・前々回と屋根、壁のご紹介でしたが今回は土間の紹介になります。屋根のときにも書きましたがこの建物は冷蔵庫スペースなどがあり室内の温度管理が大切になってきます。なので屋根だけでなく土間にも細工があります。

上の図のように床スラブの上に防湿層があり、防熱層として発泡ウレタン・防水層としてポリエチレンシートを敷きこみます。それから土間コンクリートを打ち水硬性硬質ウレタン系塗床材で仕上げとなります。

防湿層(DPコート)

防熱層(発泡ウレタン)

防水層(ポリエチレンシート)

土間コンクリート

現在は土間コンクリートの養生期間となっていますので塗り床は今からの施工となっています。

次回にでもご紹介できたらと思ってます。今回はここまでです。雨の多い時期事故などにも気をつけて頑張りましょう。

以上、建築部の知名でした。

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

沖縄ホーメル工場増築工事

皆さんこんにちは!建築部の大城です。

夏も近づき現場では気温の高い日が多くなり作業をしてなくても自然と汗が出てくるようになってきました。こまめな水分塩分補給、無理な長時間作業は避け、今年の夏は熱中症を出さないようにしていきましょう。

沖縄ホーメルでは工事も仕上げ工事に入り後半戦に入りました。ここで少し現場の流れを振り返っていきたいと思います。

この現場に来たのは、去年の9月ごろで杭工事の時でした。

着工前

12月 基礎土間工事

2月 鉄骨建方

3月 状況写真

4月 現場状況

5月現在

今から梅雨の時期で工事が進めにくい時期に入ってきますが、工期まで残りわずかの期間無事立派な建物が建てられるよう、気を抜かず進めていきたいです。

以上入社3年目 大城でした。

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

グランドパレス浦添牧港新築工事

こんにちは!建築部 島袋です。

五月も中旬、梅雨入りはまだしていませんが、気温と湿度が上がり、ムシムシした嫌な時期になってきました。熱中症に注意しながら作業をしていきましょう。

さて、現場の状況ですが

四月の中旬に解体工事が完了し、磁気探査→土留め工事→これから場所打ち杭となっていきます。

四月初旬解体工事中

四月中旬 磁気探査

四月後半 土留め工事

現場空撮

解体工事が終わり、現場全体が把握できるようになりました。

思ったよりも進入経路が狭く、仮設計画を何度も練り直ししています。

これから本格的に工事が始まっていくので、できるだけ早い段階で色々な問題点を発見し、工事を円滑に進めていけるようにしていきたいと思います。

暦の上では5月6日は立夏、夏の始まりを示します。段々気温も上がってきてるので、熱中症対策を行いながら、安全1番で作業を進めていきたいと思います。

 

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

物件価格改定情報

皆さんこんにちは。リタシン部 喜久里です。

GWの10連休も過ぎ、最近は天気が崩れることも多く、梅雨入りが目の前まで来ていることを実感しますね。梅雨、そしてその先にある夏本番に向けて、体調をしっかり整えていきましょう。

さて今回は、以前紹介した物件が価格改定しましたので、あらためてご紹介したいと思います。

さっそく物件概要ですが↓のようになっています。

~ ~ ~ 物 件 概 要 ~ ~ ~

物件価格:1,740万円(価格改定しました♪)

住所(地番):南城市大里字高平210番1および210番3(合計2筆)

土地合計:273.88㎡ (82.8坪)

地目:宅地(210番1)原野(210番3)

建ぺい率:60% 容積率:200%

都市計画:非線引き   用途地域:未指定

物件地図及び公図(地図がよく見えない場合はこちらをクリックしてください)→https://goo.gl/maps/Q37jTYQhGX82

すでに何件かお問い合わせが来ているのですが、お客様からの質問の中で多いのが、土地の形が長方形なので、どのようなお家を建てられますか?というものがあります。確かにこの土地は横幅が8m程度で細長いのですが、このような土地でも間取り次第で使いやすい家を建てることは十分可能です。

例えば、

※出展 pinterest   (https://www.pinterest.at/)

こちらは平屋ですが、長方形の土地を生かして3LDKの間取を実現しています。

同じ平屋でも、
※出展 pinterest   (https://www.pinterest.at/)

こちらの物件は3LDKに加えてシューズクロークや自転車置き場用の土間を設置するなど、アイデアにあふれたものになっています。トイレが2箇所あるのも面白いですよね。

あくまで参考ではありますが、正方形の土地でなくても魅力のあるお家を建てることは十分可能であることが伝わったのではないでしょうか。

その他、お問い合わせについては、物件担当:喜久里(キクザト 070-5272-4258)まで直接ご連絡ください。

こちらでも物件の詳細をご覧になれます。↓
https://www.e-uchina.net/bukken/tochi/t-6750-3181218-0001/detail.html

東恩納組のLITACINは、売主様からの仲介手数料は完全無料。買主様の仲介手数料を無料に出来る物件も多数用意しています。

お手持ちの物件の売却を検討しているお客様も、物件を探している方もぜひ一度ご相談ください。

東恩納組が、あなたの物件売買を「利他心」の志で全力サポートさせていただきます!!

ご相談は、お問い合わせフォームまたはお電話にて、お気軽にご連絡ください。

TEL 098-850-5734  お問合せフォーム→http://www.higashionna.co.jp/07contact

カテゴリー: 営業STAFF | タグ: , , , , , , | コメントする

M様邸改修工事

こんにちは、カヨウです◎

 

 

本日は住宅改修工事のビフォーアフターをご紹介します

2階建て住宅の2階部分のみ全体的に改修しました

 

 

リビング

Before▼

After▼

 

Before▼

After▼

 

 

洋室

Before▼

After▼

 

 

トイレ・浴室

Before▼

After▼

 

 

東恩納組では、新築工事だけでなくリフォーム・リノベーション工事も行っております。

ホームページで施工実績なども参考に御覧ください。

https://www.higashionna.co.jp/result/list.html?category_code=4

ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームにて、お気軽にご連絡ください。

TEL 098-850-5734

お問合せフォーム→http://www.higashionna.co.jp/07contact

以上、カヨウでした。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

同仁病院改修工事

こんにちは。建築部の東恩納です。

新しく沖縄県浦添市城間にある既設の病院の改修工事に配属されましたので、今回からはここの現場の進捗状況や気になった事などをブログで報告させていただきます。

今回は、現場の改修工事の詳細を少しだけ報告いたします。

既設の病院は、鉄筋コンクリート8階建て 建築面積 2,091㎡で外部足場を設置して屋上の防水、外壁の洗浄及びクラック補修・塗装や内部の売店移設・診療室の移設等の工事を行っていきます。

新築工事と違って診療や入院患者も居られる中での工事になりますので、細心の注意を払い病院側とも密に連絡を取りながらの作業になっていきます。

私と致しましては、小さな改修工事等には携わった事はありますがこんなにも大規模な改修工事ましてや営業しながらの工事は初めての経験ですので今から心配と不安でいっぱいですが、病院側とも協力し合いながらかつ協力業者とも密な打ち合わせをし安全で良質な工事をして、施主様に喜んで頂けるような改修工事をして行こうと思いでいっぱいであります。

この工事が終わったら今より一回りでも二回りでも大きくなって帰って来たいと思います。

簡単では、ありますがこれで締めたいと思います。

以上入社6年目の東恩納でした。

 

 

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

はじめまして!

みなさま、はじめまして
昨年の12月に入社しました、リタシン部の武田です。

現在の業務は主にサイトの管理と修正を行っています!

東恩納組のホームページ(http://www.higashionna.co.jp/)では、これまでの東恩納組の実績や現況など、東恩納組全体についての情報を更新しています。

メディア情報や

 メディア情報

リフォームについてなどリフォームシミュレーション

 

また、リタシンのホームページ(http://litacin.com/)では、不動産事業の情報をより詳しく掲載しています。

物件情報一覧

お客様の声

 

まだまだ改良の余地があるサイトです。

現状に満足せず、よりみなさまがより見やすく、わかりやすいサイトを目指して
日々の仕事と、サイト運営を行ってまいります!

これから、東恩納組・リタシン共々よろしくお願いします

 

東恩納組のリタシンが、あなたの不動産売買を「利他心」の志で全力サポートさせていただきます!!

ご相談は、お電話またはリタシンのお問合せフォーム、ラインにてお気軽にご連絡ください。

TEL 098-850-5734

リタシンホームページ(お問合せフォームからご連絡ください)→http://litacin.com/

ラインで不動産お気軽相談もやってます!→http://line.naver.jp/ti/p/%40sib4198m

東恩納組

Facebook→http://urx3.nu/F9Mv

YouTube→http://urx3.nu/UMN4

リタシン

Instagram→https://www.instagram.com/higashionna_litacin/

Twitter→https://twitter.com/hi_litacin

 

カテゴリー: 営業STAFF | タグ: , , , , , , | コメントする

同仁病院増築工事

こんにちは!建築部の安里です。

今回は新しく配属されました、同仁病院増築工事の概要と現在の状況について書きたいと思います。

工事名称:同仁病院増築工事  工期:2019年4月1日~2020年5月31日

延べ面積:2,642.63㎡  建築面積:587.73㎡

階数:地上4階・地下1階・塔屋1階のRC造となってます。

耐震構造方式:耐震構造  基礎方式:杭基礎(鋼管杭)で今回は説明を省きますが、工法はTGパイル工法(回転貫入鋼管杭)となっています。

 

現在現場では、既設建物の解体工事を行っていて、内部の壁・天井・床仕上材の解体、廃材の搬出、アスベストの除去等を行っています。

写真の左と右の建物が現在解体工事中です。

内部解体状況

増築工事予定場所の全景

 

 

今回は増築工事ということで、新築工事とはまた違った難しさがあって学ぶことがたくさんあるので、この現場で学んだことを次の現場でも活かせるよう、日々勉強して頑張っていきたいと思います!

 

今回はここまでにしたいと思います。

以上、入社3年目安里からでした。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする

磁気探査について

皆さんこんにちは。東恩納組の又吉です。

今回も、私が配属されている「グランドパレス牧港新築工事」現場の進捗を書いて行きたいと思います。

現在は鉛直探査を行なっています。

鉛直探査とはボーリング孔を用いて地下深部の不発弾の有無や埋まっている位置の把握を行う方法です。

今回は土質が硬いためロータリーボーリングで削孔していきます。

そして規定の深度まで削孔したらボーリングで開けた穴に探査計を一定速度で降ろして確認して行きます。そこで磁気測定を連続して行い磁気の記録を解析して異常の有無を確認します。

そして磁気記録の解析により、異常点の磁気量と埋没深度を計算して、探査孔配置図に異常点を記入して異常点位置図を作ります。

今回は、土留めを親杭横矢板工法であり、基礎も杭基礎になっていますので鉛直探査が的確な探査ということで行いました。

今回はこれで終わります。

以上建築部4年目の又吉でした。

カテゴリー: 営業STAFF | コメントする