日射について

こんにちは。工事部の又吉です。
今回は日射について話していきたいと思います。
ある地域の日の出から日没までの時間を可照時間といいます。
そのうちで日の照った時間を日照時間と言います。また可照時間に対する日照時間の割合を日照率といい、%で表します。
建築物や敷地への日照時間はその周辺の状態から影響を受けます。
例えば建築物が密集して建っているとそれらの建築物によって出来る日影のせいで十分な日射が得られなくなります。
建築物や敷地に日照を確保するためには日影の出来る状況を理解しないといけません。
日影の形状は太陽の位置と物体の形で決まります。
太陽の位置は図の1のように高度(太陽と地平面のなす角度)と方位角(太陽の方向と真南のなす角度)で表されます。
ファイル 1006-1.png
またある地点に1本の棒を鉛直に立てると、その日影は図2のようになります。
ファイル 1006-2.png
今回はこれで終わります。
まだ日中は暑いのでしっかり水分補給をして頑張っていきましょう。
以上で終わりたいと思います。

カテゴリー: 工事部STAFF パーマリンク