JISとF☆☆☆☆

みなさんこんにちは! 建築部の大城です。

建築には、多くの建築用語があります。

今回は、建築の資材などによく見られるJISやF☆☆☆☆について説明したいと思います。

F☆☆☆☆【フォースター】

F☆☆☆☆とは、住宅の内装などに使われる材料の中で、ホルムアルデヒドの発散量が最も少ないランクを示す等級です。

平成15年7月に施行された改正建築基準法で、シックハウスの原因とされる科学部質のうちホルムアルデヒドの住宅への使用が規制されることになりました。

内装仕上げについては、ホルムアルデヒドを発散する材料を壁や床、天井などに使用する際に面積制限を行うことになり、JISやJISの基準で「F☆☆☆☆」の等級なら制限なくいくらでも使うことができますが、「F☆☆☆」の場合は床面積の2倍までしか使えず、さらに「F☆☆」より下のランクの資材は使用を禁じられるようになりました。(※大利木材HPより引用)

JIS

JISとは、日本工業規格(JIS=Japanese Industrial Standardsの略)です。

日本の工業製品に関する規格や測定法などが定められた日本の国家規格のことです。

簡単な一例ですが、トイレットペーパーのサイズは日本のJIS規格によって標準化されています。114mmと決められて真ん中の空洞分の直径は38mmのものが主流です。直径はロールの状態で120mm以下と定められています。この標準化により、どこのメーカーの商品を買ってもホルダーに取り付けることができ、日常生活で困ることなく使用することができます。( ※日本規格協会HPより引用)

このように建築物を作っていくうえでの規則、法律がたくさんあります。ちゃんとした規則にそった材料を使うことでより良い美しい建築物が建ちます。

以上 町田機工から大城でした!

 

 

 

カテゴリー: 営業STAFF パーマリンク