グランドパレス牧港新築工事

こんにちは。建築部の又吉です。

最近になって冬らしくなり、太陽が出ないととても寒い日が続いていますが、寒さで体調を崩さないように気を付けていきましょう。

今回は、私が配属されている現場で施工したボイドスラブ(中空スラブ)について調べたことを書いていきたいと思います。

まずは、施工の流れは、まず型枠のスラブを貼った後に、墨出し及びアンカースペーサーを取り付けていきます。

その後下筋を配筋して、上筋用スペーサーを取り付けて上筋を配筋していきます。

また、キュービックが来るところに段取筋をながしておきます。

アンカーに沿って鉄筋を配筋するとキュービックが配置できるようになります。

そうしてキュービックを配置していき、また押さえ筋でキュービックを押さえてボイド スラブは完成します。

次にこの工法の主なメリットを書いていきたいと思います。

小梁がなくなり、型枠・鉄筋の施工が減り、施工スピードが速くなります。

しかも鉄筋の配筋が終わってからキュービックの設置なので鉄筋工事が待つことがありません。

メリットになります。

 

今回はこれで終わりたいと思います。

以上建築部の又吉でした。

 

カテゴリー: 工事部STAFF タグ: , , , , , パーマリンク