「新年にあたり」

ブログをご覧の皆さん、明けましておめでとうございます。
建築部の上地です。
今年最初のブログとなります、どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます。

ブログをご覧のみなさんは、良い新年のスタートを迎える事は出来ましたでしょうか?
私の方は、平凡ではあったものの“好天の年末年始”のおかげで、良き年末年始を過ごすことができました。
なお、2020年は国家を挙げてのイベント“2020東京五輪”を迎える、特別な年でもあり、個人的にも今から楽しみです。(前回の五輪は未体験です)

早速ですが、令和元年を振り返ると、全国的な自然災害の恐ろしさを再認識した年であったと思います。
台風や大雨など深刻なつめ跡を残した年でした。
我が沖縄県ではまだまだ記憶に新しい首里城火災などが挙げられるでしょう。
日々、自然と共存している中、それは、災害とも付き合っていかなければならないことを意味します。

また、全国的な問題でもある技術者不足も、我が社も例外ではありませんので、さまざまな手段で“人材の確保”に努めてまいります。

前述した上の2点の課題を今年は払拭すべく、良い人材の確保と共に災害に対し、即迅速に対処できるよう社員一同一丸となって技術向上に尽力して参ります。

我が「新生東恩納組」には大きな二つの理念が有ります。

①企業理念⇒人につくし・自然とももに・社会のために
②建築理念⇒人を守り、心地よく、美しい家造りで明日を築く。

今年もこの理念を元に、昨年までの手法より精度・品質・安全性を高め、加えて新たな角度から挑戦し、県内NO.1企業を目指します!

今後もブログをご覧の皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

それでは、以上をもちまして今回のブログを閉めたいと思います。
来月にまたお会いしましょう。

By 建築部 上地 透

カテゴリー: 工事部STAFF タグ: , , , , , , , パーマリンク