グランドパレス牧港について

こんにちは。建築部の又吉です。

今回は現場の状況について書いていきたいと思います。

現在は、3階躯体のコンクリート打設を1月25日に打設完了し、4階躯体に向けて型枠工事を行っている状況です。

 

コンクリート打設状況

また、今回から足場に、このような仮設材を設置しております。

この仮設材を防護棚(朝顔)といい、仮設足場からの落下物から通行人を守るために設置する仮設材になっております。

足場が高くなり、そこから小さいものが落ちたりすると通行人に大きなけがを負わせてしまう場合があります。この可能性を防ぐために防護棚(朝顔)を設置します。

防護棚(朝顔)は、建築基準法でも義務付けられていて、足場の高さが10ⅿ以上の時に1段以上の設置、20ⅿ以上では、2段以上の設置が義務付けられています。

そして、突き出し長さは足場から水平距離で2ⅿ以上、また、突き出しの角度は20°以上必要となっております。

道路に面した場所に仮設足場を組む場合は、朝顔が道路にはみ出してしまうため道路占有許可を出さなければなりません。また、地上から高さ4m~5mの箇所1段目を設置し、2段目以上は下段の防護柵から10m以下ごとに設けることが望ましいです。

今回はこれで終わりたいと思います。

手洗いうがいを行い、しっかり体調管理をして頑張っていきましょう。

以上建築部の又吉でした。

カテゴリー: 建築部STAFF タグ: , , , , パーマリンク