施工管理技術検定の日程変更

こんにちは、総務部の与儀です。

沖縄県では5月11日時点で、新型コロナウイルスの新規感染者が11日連続ゼロだと発表されました。
これも沖縄県民の皆様が、不要不急の外出を控えるなど、感染予防対策に取り組んでいる結果だと思います。
引き続き、気を引き締めて感染予防に取り組んでいきましょう。

過去のブログでも投稿されていましたが、
入口のドアノブは非接触と換気の為に開放、受付カウンターへ飛沫感染防止のフィルム設置、来訪者の入場制限、打合せスペースの使用禁止、打合せや会議は対面で行わずzoomを使用したウェブ会議、ドアノブなど人が良く触る箇所は触った後はすぐ消毒するなど東恩納組でも会社全体で感染予防に取り組んでいます。
 
 

最近は新型コロナウイルスの影響で、各種イベントが中止となっていますが、
4月28日に国土交通省より新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、令和2年度技術検定において、1級技術検定の実施を一部延期、2級技術検定(前期)の実施を一部中止又は一部延期するとの発表がありました。

内容としては、
【1級建築施工管理技術検定】
学科試験は6月14日を予定していましたが10月以降に延期
実地試験は10月18日を予定していましたが12月以降に延期となりました。

【1級土木施工管理技術検定】
学科試験は7月5日を予定していましたが10月以降に延期
実地試験は10月4日を予定していましたが12月以降に延期となりました。

【2級建築施工管理技術検定】
前期日程を6月14日に予定していましたが中止となりました。
後期日程の11月8日は変更なし。

【2級土木施工管理技術検定】
前期日程を6月7日に予定していましたが中止となりました。
後期日程の10月25日は変更なし。

新しい実施時期の日程公表は7月下旬を予定しているそうです。

東恩納組でも、建築施工管理技術検定、土木施工管理技術検定の受験者がおります。
新型コロナウイルスで大変な時期ではありますが、受験者の皆様は検定試験の延期を勉強時間が増えたとプラスに捉えて合格に向けて更に頑張ってほしいと思います。

カテゴリー: 総務部STAFF タグ: , , , , パーマリンク