「ライオンズ宜野湾ベイサイドシティ新築工事」より6月度近況報告

ブログをご覧の皆さん、一ヶ月ぶりの再会となります。
建築部の上地です。

ここ数ヶ月の私のブログ内容のスタートは「新型コロナウィルス」の内容からの始まりでしたが、あえて今回は触れずに始めたいと思います!

今年もいよいよ、我々建築関係業界にとって、頭のいたい “梅雨・台風” のシーズンが到来しました。
増してや、当現場ではさぁ~いよいよ掘削スタートと思いきや “沖縄本島地方の梅雨入り” なんと言うグットタイミング???

さて、冗談はこれくらいにして、我が「ライオンズ宜野湾ベイサイドシティ新築工事」は、3月中旬の着手以来順調に日程を消化しているところではありましたが、前述したとおりの “梅雨入り” …
気は焦るばかりですが、地下工事は予期せぬことが有り得るのは想定範囲内!
上部工事で挽回しよう!

ライオンズ宜野湾ベイサイドシティ新築工事」においては、3月16日よりスタートしました場所打ちコンクリート杭工事が、4月22日に7か所全てを打ち終えて、いよいよ杭頭処理の段階まで進捗してまいりました。
付きましては前回紹介した「杭頭処理」ついて、前回は他現場の状況写真をUPしてお伝えしましたが、今回は実際本現場での写真をUPしてお届けしたいと思います。
手法としては、前回紹介した「杭頭処理のサンプル状況写真」に実際我々の「杭頭処理の実写真」を添えて、違いの比較をしていきたいと考えます。
おそらく、このブログが公開される時期には、土留工事の真っ最中だと思います。

その前に、下記に5月末現在の空撮をUPします。

👆手順① 杭頭ラインをカッターにて縁切りする。


👆手順② カットラインよりやや上部にドリルで削孔約@400。

👆手順③ ドリル穴にブレーカー(破削機)で亀裂を入れる。

👆手順③ 拡大写真

👆手順④ クレーンにて杭頭(余盛)を吊り上げる→処分場。
余盛部分の重量が重い場合は2分割、3分割と分けておこなう。

👆手順⑤ 残った部分を杭頭を損傷しないように仕上げハツリをおこなう。


👆手順⑥ 完了

 

以上、今回は本現場の杭頭処理の実写を交えてお届けしました。

それでは、以上をもちまして今回のブログを閉めたいと思います。

次回も乞うご期待!来月にまたお会いしましょう。

By 建築部 上地 透

カテゴリー: 建築部STAFF タグ: , , , , , , , パーマリンク